8020達成者は、皆さん歯並びがいい

そんな中、8020運動達成者の審査会で、元気いっぱいなおじいちゃん・おばあちゃんのお口の中を診せていただくと、皆さん、きれいな歯列で歯肉炎もほとんど無いんですよね。私の方は、『きっと歯を守るために何か特別な手入れをなさっているんだろう』と思ってワクワクしながら聞くわけですよ。"普段、虫歯にならないようにどんな事に気をつけていらっしゃるんですか?"って。ところが、意に反して"別に何もしてないけど・・・・"って答えが返って来るんです! 虫歯予防のために特別なことはしていない。 けれど多くの歯が残っている!?ショックを受けますよね、毎日、自分たちが診療室でしている事・指導していることはいったい何だったんだろうかと・・・
 何年か経ってそんな経験が重なってくると、そうか、『歯列が整っていてしっかりと機能していれば、何も特別な予防法をしなくても生涯自分の歯で暮らせていけるんだ』と、思うようになってきたのです。そこで『矯正歯科は、究極の予防歯科なんだ!』ということを考えるようになってきたわけです。現在は、先ほどの『もし、歯並びを直さないと将来どうなっちゃうんですか?何か困ることでもあるんですか?』って質問されると、待ってました!と、ばかりに、「お母さん、八重歯のかわいいおばあちゃんをご存じですか? 私は出会ったことがありません。」、「確かに若いうちは歯並びが悪くても何も困らないかもしれません。 ただ、年をとって体の抵抗力が衰えてくると、かみ合っていない歯・凸凹の歯は、はやくダメになって抜けてしまうんです。 」、「8020運動と云うのをご存じですか?80才で20本の歯を残そうという歯科医師会が行っている運動です。私は、歯科医師会の仕事の関係で、8020を達成した元気なおじいちゃん・おばあちゃんのお口の中を診させて頂く機会があるのですが、皆さん矯正歯科治療を受けた経験がないのに歯並びがよいのです。だから、生涯、自分の歯だけで生きていくためは矯正歯科治療が必要なんですよ。」そうな風に答えるようになりました。そうか、生涯、自分の歯と共に生きて行くために、「矯正歯科は、共生歯科なんだ。」と気づいたのです。

 前に  次へ
- P2-