矯正歯科相談をお受けになる方へ
よくあるご質問に対する回答を下記に示します。

お手数ですが、相談をお受けになる前に一通りお読み頂き、不明点に関しては来院当日ご遠慮無くご質問下さい。

1.相談でわかること、わからないこと

 矯正歯科治療を実際に始める場合は、精密検査(X線検査、顎機能検査等)を行い診断し治療方針を立てます。ご相談の際は、口の状態をデジタルカメラで撮影しすぐにプリントしてお渡しいたします。当日は、それを見てわかる範囲のご説明になります。治療方針や使用装置、抜歯の必要性などに関しては、あくまで一般的な範囲のお話しになりますことをご了承ください。

2.精密検査は必ずやらなくてはいけませんか?

 いいえ、最初は相談のみです。精密検査をご希望される場合は、日を改めて行ないます。

3.検査したらすぐに治療を始めるのですか?

 必ずそうとは限りません。特に、お子さんの場合は、永久歯が生え揃うまで経過観察する場合もあります。その場合、精密検査は、治療が始まる時期に合わせて行います。

4.治療は、いつ始めるのが良いですか?

 治療に適切な時期は誰でも同じではありません。また、治療の仕方もその人の状態によって大きく異なります。一般的には、前歯が永久歯に代わった9才頃から始めるのが適切な場合が多いですが、それ以後でも手遅れではありません。また、反対咬合(受け口)の場合は、乳歯の時期(5〜6才)から始める場合があります。

5.治療の手順を教えて下さい。

 詳しい資料(PDFファイル) ご参照下さい。

6.治療期間はどのぐらいですか?

 一般的には、ブラケット(歯にはりつける装置)をつける期間は、2〜3年です。成人の場合(特に男性)は、治療期間が、長くなり3年を越える場合もあります。詳しくは、診断日に治療計画に基づいてご説明いたします。

7.治療費は、いつ決るのか?

 当院では、診断日に治療費の明記された治療計画を書面でお渡し致します。治療費は、基本料金と来院毎の処置料からなります。相談の際には、おおよその金額をお話しすることになります。目安となる当院の料金表を同封いたしますのでご参照下さい。

8.治療費は、一括ですか? 分割も出来ますか?

 当院では、治療計画書に示した基本料金を治療期間(2〜3年)に応じて均等に分割し半年に1度づつのお支払いです。一括でも分割でも治療費は同じですが、医療費控除による税金の還付金は一括の方が多くなります。

9.本人はやる気がないのですが・・・

 矯正歯科治療を成功させるには、患者さんの協力が不可欠です。ご本人の意思が伴っていないと、治療がうまく進行しません。治療に入る前に必ずご本人の意思を確認して下さい。勉強と同じで治療が好きなお子さんはあまりいませんが、矯正歯科治療は、生涯自分の歯で健康な生活を送るために必要な数年間の努力だということを保護者の方からも教えてあげてください。

10.引っ越し、転勤の予定があるのですが大丈夫ですか?

 引っ越し、転勤等で当院への通院困難になった場合は、転居先の近くの先生をご紹介いたします。(日本臨床矯正歯科医会の会員で、かつ認定医以上の資格をもつ矯正歯科専門医、もしくそれと同等以上の専門医)。治療費は、治療の進行状況に応じて清算します。ご予定のある方は、当日ご相談下さい。

トップページへ戻る