歯界展望 Vol.99 No.4 p774

アメリカにおけるホワイトニングの現状

加藤久子 (歯科衛生士/アメリカ・ボストン在住)

ホームホワイトニングヘの高い二一ズ

 アメリカでは,「ホワイトニング」はもう
すでに,一般の人達の誰もが知識としてもち,
普通に使っている審美歯科処置の言葉となっ
ています.ホワイトニングは,人々がもって
いた白い歯への潜在的なあこがれに火をっ
け,年齢・性別を間わず,圧倒的な支持を受
けています.

 ここ数年の社会現象ともいうべきホワイト
ニング・ブームを維持させている大きな要因
としては,まず,一般の人が絶えず目にする
テレビ`コマーシャルやファッション雑誌等
に登場する歌手,映画スターの影響が大きく,
これらによって「歯は白くなければいけない」
という感覚を日頃から多くの人がもつように
なっているようです.

 また,スーパーマーケットやドラッグスト
アの口腔衛生剤コーナーでは,ホワイトニン
グ効果のある歯磨剤が大きなスペースを占め
ており,最近では,歯の白さをチェックする
ためのシェード用紙まで付いているものもあ
ります.ホワイトニング効果を強調したフロ
ス,チューインガム,ストリップス(個人ト
レーを使用するのではなく,セロテープのよ
うなもので1日2回・30分問ずつ14日間ス
トリップスを歯に貼り,ホワイトニングを行
うという商品)なども,店頭で購入できるホ
ワイトニング材として販売され,人々は日常
的に多くのところでホワイトニングという言
葉,商品,イメージを目にします.

 私がアメリカで歯科衛生士として実際に働
くようになって10年以上がたちますが,特
にここ数年で患者さんのホワイトニングヘの
関心度が高まっていることを感じます.

 昔からアメリカ人は白い歯をもちたいとい
う強い願望があったようですが,今日のよう
なホワイトニングの技術が存在していなかっ
た時期は,麻酔を打ち,虫歯でもない歯を削
り,そして多くの貴重な時間を使い,高額な
出費をして,ラミネートベニアやメタルボン
ドクラウンといった形で白い歯を手に入れて
いました.ホワイトニング,特にホームホワ
イトニングの技術と質が上がるにつれて,白
い歯への願望が顕在化し,ホワイトニングの
人気が急上昇しているのが現状です.いまで
は,ほとんどの歯科医院でホームホワイトニ
ングを行っており,オフィスホワイトニング
は行わず,ホームホワイトニングのみを治療
オプションに加えている審美歯科医院もあり
ます.

 ホームホワイトニングは,ティーンには、
おしゃれの延長として,また中高年層には歯
を白くすると若く見られるという効果から,
幅広い世代の多くの人に受け入れられている
ようです.

 アメリカの歯科医院にとって,ホームホワ
イトニングは以下のような利点があります.

ホームホワイトニングは保険適用外で
自費扱いとなります.価格は医院によってか
なり差があり,上下顎でおよそ$300〜$800
のチャージになるようです.この金額の幅は,
商品による違いではなく,それぞれの医院が
独自に設定した価格によるものです.

支払いは前納です.遅くとも印象採得
の時点で患者さんは費用を支払います.ホー
ムホワイトニング中,あるいはその後の支払
いというシステムをとっている医院は私の知
るかぎりありません.

たとえば,朝に個人トレーの印象を採
得すれば,その日の夕方にはそのトレーを患
者さんに渡すことができ,すぐその日から
ホームホワイトニングを行うことも可能です
ので,患者さんの二一ズに即応することがで
きます。

トップページへ戻る