食育のすすめ     by T.Saito 2/23/99

食育」って知ってますか?

子供たちに食べ物を選ぶ力をつけてもらう教育のことです。

食育は、約30年前に欧米で始まりました。

食育は、

  1. 食べ物を選ぶ力
  2. 料理能力
  3. 元気な体の状態がわかる力
  4. 味覚を育てる力
  5. 食べ物の生育がわかる力

の5つの能力を育てるものです。

食生活・健康ジャーナリストの砂田登志子さんは、「日本の食教育は、調理法に偏りすぎている。5,6年前から食育がひろがってきたが、まだ行政がカリキュラムに入れるほどの大きなうねりになっていない。気づいたときから1人1人が行動し、いい食べ物と悪い食べ物を見分ける能力を身につけてほしい。」と話しています。

世界の食生活と健康の関係を研究している家森幸男教授(京大)も、
「日本の伝統的な食事は、世界の長寿食になりうる」と言います。

体にいい日本の食文化を子供たちに伝える試み、始めてみませんか?

= 朝日新聞1999.02.23(火) 朝刊 家庭欄より=